浮草物語

浮草物語

 小津安二郎が原作(ジェームス・槇のペンネーム)と監督を担当したサイレント作品。池田忠雄が脚本を執筆した。坂本武演じる喜八を主人公とした「喜八シリーズ」の第二弾で、1928年のアメリカ映画「煩悩」を下敷きにしている。1959年には「浮草」というタイトルで小津自らリメイクした。 旅芸人の一座が小さな町を訪れた。町には座長の昔の女おつねと、その息子の信吉が住んでいた。一座の看板女優であるおたかは、座長の市川喜八の愛人でもあった。彼女は喜八がおつねと信吉に会うのが許せない。そこで彼女は一座の若手女優であるおときに、信吉を誘惑させることにした。ところがおときと信吉はそのまま恋に落ちてしまう。

製作年:1934年 / 製作国:日本
キャスト
坂本武、飯田蝶子、三井秀男、八雲理恵子、坪内美子、突貫小僧、谷麗光、西村青児、山田長正、青野清、油井宗信、平陽光、若宮満、懸秀介、青山万里子、池部光村、笠智衆
スタッフ
監督:小津安二郎

kuyun】【xinyun】【yjyun】【bjyun