エロス+虐殺

エロス+虐殺

 松竹ヌーヴェル・ヴァーグ出身の吉田喜重監督が、大正のアナーキスト大杉栄が三角関係のもつれから刺された事件を取り上げ、大正時代と現代(昭和40年代)のそれぞれの風俗と人物たちを、時間軸と空間軸を交錯させ前衛的な手法で描いた愛と憎しみのドラマ。出演は細川俊之、岡田茉莉子。映画のモデルとなったひとりが、名誉毀損・プライバシー侵害を理由に、映画上映禁止の訴訟を起こしたことでも知られる。ちなみにこの時の請求は棄却されている。また、本作はそのような事情から本来3時間46分のものを短縮して公開されたが、2005年にオリジナル版に最も近い3時間36分の <ロング・バージョン>がDVD化された。

製作年:1970年 / 製作国:日本
キャスト
細川俊之、岡田茉莉子、楠侑子、高橋悦史、八木昌子、稲野和子、原田大二郎、川辺久造
スタッフ
監督:吉田喜重

dbm3u8】【jinyingm3u8】【gsm3u8】【xlm3u8】【hnm3u8】【lzm3u8