ひとごろし

ひとごろし

越前福井藩きっての臆病者といわれている若侍双子六兵衛が突如、誰も引き受け手のいない「上意討」を買って出た。相手は藩主が可愛がっていた加納平兵衛を意趣あって斬り、退藩した藩のお抱え武芸者仁藤昂軒で剣術と槍の名人であった。六兵衛には剣の腕はない。ある夏の日、妹かねの止めるのも聞かず六兵衛は太陽が照りつける北国路を昂軒を追って旅に出た。三日目に追いついたが、昂軒の後姿を見ただけで六兵衛は心臓がとまるほど恐怖に震え上がる。翌日こともあろうに六兵衛は昂軒を追い越し呼び止められた瞬間「ひとごろし」と叫んで逃げ出すのであった。

製作年:1976年 / 製作国:日本
キャスト
松田優作、高橋洋子[俳優]、五十嵐淳子、丹波哲郎、岸田森、桑山正一
スタッフ
監督:大洲斉

Gyao