海と毒薬

海と毒薬

太平洋戦争末期に実際に起こった米軍捕虜に対する生体解剖事件を描いた遠藤周作の同名小説を、社会派・熊井啓監督が映画化した問題作。敗色も濃厚となった昭和20年5月。九州のF市にも毎晩のように米軍機による空襲が繰り返されていた。医学部の研究生、勝呂と戸田の二人は物資も薬品も揃わぬ状況下でなかば投げやりな毎日を送っていた。そんなある日、二人は教授たちの許に呼び出された。それは、B29の捕虜8名を使った生体解剖実験を手伝えというものだった……。

製作年:1986年 / 製作国:日本
キャスト
奥田瑛二、渡辺謙、岡田真澄、成田三樹夫、西田健、神山繁、岸田今日子、根岸季衣、草野裕、辻萬長、津嘉山正種、千石規子、黒木優美、戸川暁子、田村高廣
スタッフ
監督:熊井啓

Gyao