妻三人 狂乱の夜

妻三人 狂乱の夜

都心の喧騒を離れた閑静な高級住宅街に世間に少しは知られた医学博士、三島太郎の屋敷がある。三島が妻・伊津子(南寿美子)を助手の秋月に寝取られたのはかれがつまとの交じわいに精を出さず、妾にばかりうつつをぬかしていた為であった。だが、彼はこれ幸いと妻と別れて、妾の典子(二條朱美)を正妻にしてしまった。しかしそれでも飽きたらぬ彼は女中の君子(原英美)にまで手を出していた。 それから数年、太郎の息子・嵩は学校を卒業し、三島病院の医師として父の仕事を手伝っていた。典子その方が弱くなった三島に飽きて、嵩の若さに目をつけだしていた。そしてある日、風呂場で嵩を誘惑しようとした時、君子に見つかりそうになって、未遂に終ってしまった。君子は典子の態度からその事を知ると、逆に彼女の方から嵩に誘いをかけるのだった。典子は君子がいると嵩を誘惑できないので君子を追い出しにかかったが、君子は三島のいいつけでなければ家を出ていかないと断るのだった。そして三島との情事のことまで典子に話してしまった。夫と君子のことを知ってしまった典子は夫と女中としているのならば、と彼女はなかば嵩と強引に交わってしまう・・・。

制作年:1972年 / 製作国:日本
キャスト
田中真理、二條朱美、原英美、南寿美子、小松鉄男
スタッフ
監督:小沼勝

FANZA】【Gyao