無法松の一生

 岩下俊作の代表作『富島松五郎伝』二度目の映画化。1943年に伊丹万作の脚色を監督した稲垣浩が、自身の手でリメイクした。一作目は検閲によりカットされたシーンがあり、それを復活させるべく再映画化したという。ヴェネチア国際映画祭で金獅子賞を受賞した。この後1963年と1965年にも映画化されている。 “無法松”という愛称を持つ人力車夫の富島松五郎は、木から落ちてケガをした吉岡敏雄という少年と出会う。家に送り届けた松五郎は敏雄の父の吉岡大尉に気に入られ、家に出入りするようになる。しかし大尉は雨天の練習で風邪をこじらせ、妻の良子と敏雄を残しこの世を去った。残された二人は松五郎を頼りにし、松五郎も二人の面倒を見るようになるのだが…。

製作年:1958年 / 製作国:日本
キャスト
三船敏郎、高峰秀子、芥川比呂志、飯田蝶子、笠智衆、田中春男、多々良純、中村伸郎、中北千枝子、宮口精二、有島一郎、左卜全、高堂国典、土屋嘉男、笠原健司、大村千吉、沢村いき雄、小杉義男、上田吉二郎、山田巳之助、稲葉義男、谷晃、今泉廉、馬野都留子、本間文子、松本薫、平奈淳司、久世竜
スタッフ
監督:稲垣浩

kuyun】【soyun】【yeyun