風の中の牝鷄

 小津安二郎が斎藤良輔とともに書いた脚本を監督し映画化。主演に佐野周二と田中絹代を迎え、戦争により危機に陥る夫婦の姿を描いた。田中絹代の「階段」のシーンが強い印象を残す。 夫を戦地へ送り出した時子は、苦しいながらも子供と二人で生活していた。時子は友人の秋子に着物を預け、同じアパートに住む織江に買ってもらうことで生計を立てていた。ある日、息子の浩が病気になり入院してしまう。治療で浩は回復するが、時子には治療費を払うことができない。織江に相談した時子は、一夜だけ体を売ることで収入を得てしまう。浩は無事に退院するが、数日後、夫の修一が突然帰ってきた。修一は浩の入院を知り、その治療費について時子に問い詰める。

製作年:1948年 / 製作国:日本
キャスト
佐野周二、田中絹代、村田知英子、笠智衆、坂本武、高松栄子、水上令子、文谷千代子、長尾敏之助、中川健三、岡村文子、清水一郎、三井弘次、千代木国男、谷よしの、泉啓子、中山さかえ、中川秀人、長船フジヨ、青木放屁
スタッフ
監督:小津安二郎

DMM】【yeyun】【135zy】【131zy