赤い禁猟区 ハードコアの夜

赤い禁猟区 ハードコアの夜

不倫、愛人、スワッピングと現代の性愛風潮は複数化へと向かっている。本篇に登場の夫・啓吾も例にもれず22才の道子を愛人にもっている。週に三日の出張生活と、ついには道子を自宅に引き込んでしまう夫の異常さに、妻・里美の中で眠っていた浮気願望がついに爆発、堰をきったように噴き出し遂には夫の不貞をはるかに超えた”二重結婚”への計略へと発展した。主演は、今や完全ににっかつのエースの地位を不動のものとした麻生かおり。純日本人的な体型と顔立ち、そして落ちついた立ちふるまいで、本篇では中流家庭の主婦役を好演。さらに共演には、黒木玲奈があたり、ならび主役のメリットを充分に生かした二人の艶技対決はまさに見もの。監督は、ロマンポルノ最多演出数を誇る西村昭五郎。安定した演出力が二人の女の魅力を存分にひきだしている。

制作年:1986年 / 製作国:日本
キャスト
麻生かおり、黒木玲奈、信実一徳、佐藤栄一 
スタッフ
監督:西村昭五郎

mbyun