五人の斥候兵

五人の斥候兵

 田坂具隆が原作(高重屋四郎名義)と監督を務めた戦争ドラマ。荒牧芳郎が脚本を担当した。国策に沿って製作された戦争高揚映画だが、カメラワークと、ヒューマニスティックな視点とが評価された。 激戦を乗り越えた岡田部隊のもとに、本隊から敵陣の偵察命令が下った。部隊長の岡田は五人の兵士からなる斥候隊を組織し、敵の情報収集に向かわせた。五人は川の対岸に数多くの中国兵とトーチカなどを発見、部隊に戻ることにした。しかしすでに彼らは敵の部隊に取り囲まれていた。機銃掃射を受けながらも、五人はそれぞれその場を離れた。一人また一人と兵士たちが帰還したが、木口一等兵だけが戻らない。そんな中、本部から明朝敵陣を占拠せよという命令が下った。

製作年:1938年 / 製作国:日本
キャスト
小杉勇、見明凡太郎、伊沢一郎、井染四郎、長尾敏之助、星ひかる、井上敏正、渡部清、潮万太郎、西春彦、佐藤円治、菊池良一、北龍二
スタッフ
監督:田坂具隆

Gyao