金門島にかける橋

金門島にかける橋

3年前。外科医・武井一郎は東京の病院で朝鮮戦線から送られてきた負傷兵の手当てに没頭していた。そんなある日、中国服を着た女性が負傷した従軍記者の許婚者を訪ねて台北からやって来た。だが許婚は既に亡くなっていた。それを知った女は失神し、手当てをした武井は次の手術に走ったが、誤診から麻酔で患者を殺してしまった。ペニシリンによるショック死と発表する主任教授に対し武井は院長に真相を伝え、辞表を叩きつけた。その夜、武井はあの中国服の女性と再会する。彼女の名は楊麗春といった。武井は傷心の麗春に生きる力を与え、彼女は元気に台北へ帰っていった。武井が贈った一粒の真珠を握りしめて……。一方、病院を辞めた武井を受け入れてくれる大病院はどこにもなく、彼はシップドクターの職に就く。そして3年後、貨物船ドラゴン丸で金門島に上陸した武井は中共の砲撃の中、楊麗春と再会する。

製作年:1962年 / 製作国:日本
キャスト
石原裕次郎、華欣、芦川いづみ、二谷英明、唐宝雲、大坂志郎、山内賢、魏■、長尾敏之助、佐々木孝丸、浜田寅彦、宮原徳平、柳瀬志郎、花村典克、石崎克巳、高幸枝、杉山元、相原巨典、小泉郁之助、雪丘恵介、星ナオミ、紀原土耕、進千賀子
スタッフ
監督:松尾昭典

Gyao